2013年1月アーカイブ

2013年1月25日

主婦に対する融資と総量規制

消費者金融等からの融資について、総量規制が適用され年収の3分の1以上は、貸し付けも借入れもすることができなくなりました。
この規制により特に大きな影響を受けたとのは個人としての収入を持たない主婦でした。

総量規制の適用を受けて借入れができなくなった主婦達が、正規の貸し金業者ではないいわゆる闇金に流れてしまうのではないかと言われていました。
しかし、収入を持たない主婦であっても貸付を受けることは不可能ではありません。
総量規制の枠内で借りる方法とその枠外で借りる方法の2つがあります。

配偶者に収入がある場合、その配偶者の年収の3分の1までは借入れをすることが可能です。
しかしこの方法だと配偶者に内緒で借金をすることは難しくなります。

もう一つの方法は、銀行系の金融機関から借りる方法です。
総量規制は、貸金業法の規定ですから銀行法の適用される銀行系に適用はありません。
つまり最近よくコマーシャルなどで見る銀行系カードローンであれば総量規制にかかわらず借りることができます。
なお、銀行系は消費者金融よりもやや審査が厳格である傾向にありますので、その点は注意しましょう。

2013年1月23日

トヨタ自動車社長、世界の自動車市場の成長に期待

過日、ロイターなどのグループインタビューにおいて、日本自動車工業会会長・豊田彰男氏(トヨタ自動車社長)は、「世界の自動車市場は、中長期的かつ年内は前向きにみている」と述べられたそうです。
欧州の金融不安や米国市場は、伸び悩んでいて不安ではありますが、それ以上に、中国などの新興国での持続的な成長が期待できるということのようです。

豊田会長によると、欧州などの自動車市場は保有が中心となっていて、買い替えにはまだ時間がかかるが、新興国ではまだまだ車が必要とされているので、これから台数もかなり伸びると語られたようです。
日本は現在、「6重苦」をかかえていて、それが国際的な競争に影響して不利になっているとのことです。

その「6重苦」とは、①円高、②法人税率が高いこと、③労働規制が硬直的であること、④自由貿易協定が遅れていること、⑤温室効果ガス削減の厳しい目標を掲げていること、⑥東日本大震災後、電力が不足していることがあげられています。
この「6重苦」の状態が長くなると、「日本の製造業が崩壊し始める」ことを、豊田会長は指摘されました。

さらに、外貨を稼いで、中間所得者層を支えていくためには、自動車産業を柱とした「ものをつくる企業」が、日本国内に必要であることを主張されました。
また、豊田会長によると、6重苦の日本で国内生産を続けるのは、難しいことではあるが、自動車産業が外国への依存を強化してしまうと、日本国内の雇用が失われるそうです。
この厳しい6重苦の中で、頑張っている沢山の個人や企業の努力が報われるような、健全な社会を作ってほしいと話されたようです。

 FISC 金融情報システムセンター

ネットから申し込み可能なアコム

アコムの店舗やむじんくんからなら、新規契約の方でも平日では21まで、最短で30分程度でキャッシングが可能なのです。
但し土日祝日は18時となっていますのでご注意下さい。
出かける前にネット上から申し込みを済ませれば、店頭での手続きの時間を短縮する事が可能です。
アコムで契約を行う際には運転免許証が必要です。
もし交付を受けていない場合は、保険証などでも大丈夫です。
これらを忘れずに持参していきましょう。
一応源泉徴収票や確定申告書、所得証明書もしくは給料明細等、収入に関する書類を持参すれば、より審査に通り安くなるため、融資限度額でも有利になれます。
また、事前にネット上から申し込みをしていればかなり楽です。
アコムの店舗やむじんくんで出かけても、審査が通らなかった場合無駄足になる心配もない上に、店頭やむじんくんの為に待つ時間も少なくて済みます。
申し込みフォームの方の方も、一見多く見えますが、大体5分程度で完了できます。

2013年1月22日

専業主婦がカードローンを申し込む場合の、審査の仕方

専業主婦が家計のやりくりをすると聞けば、それは当然、夫の収入からということになります。
そして仮に、夫に内緒で大きな買い物をする場合、その収入の範囲からへそくりなぞをして備える。これがありがちな流れでしょう。
 
ところが昨今、この手法の他に、いわゆるカードローンでやりくりする方もいらっしゃるようです。
なにしろ、短期間で返済すれば利息もさほどかかりませんから、返せるあてが近況にあれば、へそくりとさほど効果は変わらないわけです。
 
ところで、専業主婦だとカードローンの審査に通れるのでしょうか?
 その答えは、「大丈夫です」。もっとも、いわゆる総量規制などを審査する時は、夫の収入とセットとされます。

 えっ? だとすると、夫の勤め先に電話がいくのでは? つまり、勤務先への在籍確認の意味ですが、これは確かに「あります」。
 ですが、御安心下さい。そういった電話をかける場合、ローン会社は、例えば生命保険のセールスなどを装ってくれるようです。"

2013年1月18日

キャッシングを活用すること

キャッシングについて、利用したことがない人にとっては、先行したイメージがある場合もあるでしょう。
しかし、上手に利用することによって、キャッシングはとても便利で、とてもお得な場合もあるのです。

手元にまとまったお金がないが、どうしても使用しなければいけない場合も便利です。
ローンは申込に時間がかかる場合や、用途により利用できる上限が定まっている場合もありますが、キャッシングならばそういう心配はありません。
どの用途であっても、限度額までは利用することが可能です。

また、給料日前などで懐が心元ない時や、急な飲み会などでもスマートに便利に利用できます。
少額ですぐに返済する場合は、更に便利です。現金引き出しの為に利用する、銀行などのATMの時間外利用手数料よりも、翌日返済のキャッシングの金利の方がずっと安いこともあります。
金利や返済方法など自分に合った会社のキャッシングを利用する必要はありますが、自分の用途に合わせて、計画的に利用していく分には、とても便利で有利なものなのです。

2013年1月15日

お金借りるって悪い事なの?

お金は出来るだけ借りずに済ませたいものですが、人生の中ではどうしても借りなくてはならない場合がでてきます。
「お金借りる」と言えば聞こえは悪いのですが、例えば、車を買う場合や家やマンションを買う合、現金一括で買える人などなかなかいません。
そういう場合には、どうしてもお金を借りることになってしまいます。

例えば、賃貸マンションでは毎月家賃を払っても自分のものにはなりませんが、分譲であれば、ローンを支払ってしまえば最後は自分のものになります。
支払いが終われば、それ以降は家賃を払わなくてもいいのです。

現在の平均寿命は80歳前後ですから、25歳から賃貸住宅を借りたとして死ぬまでに55年間も家賃を払わなくてはなりません。
分譲であれば30年間で払い終えれば、残りの25年は家賃なしで住めるのです。

老後に家賃を払わなくてもいいのであれば、年金収入だけでも安心して生活できます。
そういうことを思えば、お金借りることになったとしても自分の家を購入することは長期的に見て重要なことではないでしょうか?

2013年1月11日

主婦が利用できるカードローンとは

カードローンは一般的に、安定した収入のある二十歳以上の人で、融業者それぞれの審査基準を満たした人が利用できるということになっています。
これはとても漠然としたもので、つまりは主婦でもパートやアルバイト等の収入があり、々の返済が自力で可能であると判断されれば利用はできるわけです。

勤務先への在籍確認は避けられませんが、この場合は家庭に内緒で借り入れができるということになります。
内職の場合でも、給与明細など収入が証明できるものがあれば収入ありということになるので、査に挑戦してみてもよいでしょう。

しかし専業主婦の場合は、夫の収入からの返済ということになるので、夫の借り入れ状況などが審査の対象となり、夫にも連絡がいくというのが一般的です。
最近のカードローン商品の中には、家族にも内緒で申し込みができるものも出てきていますが、量規制の関係もあるので、いろいろな業者のカードローンを比較検討してから申し込みを決断した方がよいでしょう。

2013年1月 8日

携帯からも利用可能なプロミス

よくCM等で知られているプロミスってありますよね。

消費者金融のあのプロミスです。

ここって、携帯やスマフォから簡単に融資が可能だったという事は知っていましたか?

プロミスはもはや来店不要でプロミスカードを発行し、1秒のスピード審査で話題になっています。

ですのでいちいち店舗にいって契約を済ませるまでもなく、身近なデバイスを使って簡単にキャッシングをする事が出来ます。

またプロミスでは返済シミュレーションや簡易審査等、便利な機能がたくさんありますので、審査に受かるか不安な方は簡易審査を。

返済に関して不安な方は返済シミュレーションを利用してみるのも良いでしょう。

また、携帯から14時までに契約を完了させておけば、即時融資が可能なのです。

更に今は、新規の方初回の方に限らず、ポイントサービスを利用すれば30日間無利息というお得なプランがあります。

これを利用する事によって高い利息を支払う事もなく返済を完了させることもできます。

どのサービスも使って良くないことはないので、利用されてみてはどうでしょうか。

 

2013年1月 4日

主婦がキャッシングできるのか

"キャッシングをする場合、当然、借り入れできる限度額が決まっています。
総量規制という法律で、年間所得の3分の1を超える金額のお金を貸す事ができないと定められています。

専業主婦の人は、当然、所得は0円になるため、借り入れもできないという事になります。
では、専業主婦の人は、全くキャッシングできないのでしょうか。

銀行が運営しているカードローンなどのキャッシングは、この総量規制の対象にはありません。
主婦であっても、自分自身を確認できる身分証明書があれば、配偶者の所得証明書や同意書がなくても、借り入れをする事ができます。

つまり、配偶者に内緒で、お金を借りる事ができるのです。
もし、専業主婦の人がキャッシングしたいと考えたら、銀行に申し込むといいでしょう。

また、仕事を持っている主婦の場合は、借り入れできる金融機関の選択肢が広がります。
消費者金融や銀行など、希望する金融機関での借り入れが可能になるケースが多いです。"

2013年1月 1日

主婦が借入する時の家族への影響

主婦が消費者金融等から借入をする際に、気になるのが万が一のとき家族に迷惑をかけるかもと不安になる方もいらっしゃいます。
主婦が借入を行う時には消費者金融であっても担保なし、保証人なしで利用できます。
配偶者である夫や両親などに迷惑をかけることはありません。

しかし注意しなければいけない点としては、中小の消費者金融では連帯保証人や配偶者の承認を求められることがあります。
この場合、申し込んだ本人に万が一、死亡したり行方不明になようような事態が発生しましたら、連帯保証人が責任を負うことになりますので注意が必要です。
次に例として、夫が過去に債務整理や自己破産した経験があり、ご主人の影響で借入できるかどうか心配になる方もいらっしゃいます。

一般的な住宅ローンや自動車ローンでご主人が連帯保証人となるローンの場合は影響を受けますが、消費者金融からの借入で影響が出ることはありません。
主婦が消費者金融で借入をするには、ご主人の署名が必要なくご本人の信用状態での審査となります。

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。